アナカリス

アナカリス

アナカリス

概要

初心者用として有名な三大水草の一つ。別名オオカナダモ。細胞が大きく観察しやすいことから理科の実験でもお馴染み。

低酸素・低光量・低温でも生きられ、浄化能力も繁殖力も高い。

カボンバほどではないが、金魚の好物なので金魚と一緒には育てられない。

価格

5本で200円前後か。大安売りされている場合も多い。ショップによって差はある。

適温

15-28℃が適温。

5℃以下でも活動が弱くなるだけで死ぬことはなく、暖かくなると復活する。

水質

どんな水質でも生長が早いが、若干アルカリ性寄りの方が好みらしい。

トリミング

伸びてくると節から脇芽を出して生長する。トリミングすると生長点の無い方も脇芽を出すので、どんどん株が殖えていく。

節々から根を出すので、トリミングの際には低砂を巻き上げたりしないように注意する。

飼育経験

生長が早く、水質が安定しているとあっという間に長くなっていく。ただしマツモとは違って脇芽はそれほど出さず、一本がどんどん伸びていく感じ。

低温や残留カルキにも強く、環境が改善されるまで生長は停滞するものの、枯れたり葉を落とすということは滅多にない。

カボンバとは相性が良くないという噂。


* はてなダイアリーキーワード:アナカリス