サクラエディタ

サクラエディタ

サクラエディタ

概要

オープンソースの高機能テキストエディタ。

基本はファイルごとにウィンドウを開くSDI型だが、擬似的にタブ型ともなる。マクロ機能をはじめとして、HTMLやプログラムなどの自動色分け、正規表現を用いた強力な置換機能など、便利な機能を一通り持っている。

現在はUnicode版の開発が進行中であり、今後はそちらに統合される予定。

長所

  • 軽い
  • 正規表現置換が使いやすい
  • 矩形選択が使いやすい
  • インクリメンタルサーチにMigemo対応

短所

  • 最初の導入がやや面倒
  • 新規保存の際にデフォルトの保存先を指定できない
  • アウトラインプロセッサが貧弱

その他

  • レジストリ不使用

使用

使用感

正規表現置換は強力。これを使うようになって、テキスト編集の概念が大きく変わった。

テキストエディタは色々試したが、有料の秀丸はともかく、フリーではこれが一番使いやすかった。大体の機能ではTeraPadも同等だし、取っ付きやすさで言えばTeraPadがやや優勢かもしれない。だが、TeraPadはサクラエディタよりも矩形選択機能が貧弱だ。これはTeraPadだけの話ではなくて、有名どころのエディタを試してみて、サクラエディタと同等の矩形選択機能を有していたのは秀丸だけだった。他にも、CR/LF/CRLFといった改行コードを全部分けて表示できるのは長所と言っていいと思う。

秀丸の方は、確かに優れているが、有料であるという以上に、レジストリを使うという点で敬遠したい。レジストリを使うということは、USBメモリなどに入れておいて他のPCで使う、といったことができないからだ。この差は大きい。

ちなみに、アウトラインプロセッサについては、ほとんど使うことがないので判断しかねる。

Unicode版

Unicode版では、単にUnicodeに対応しているだけでなく、以前から要望のあった「折り返し行をウィンドウ幅に追随させる」機能など追加点もある。

現在は開発段階ということで「sakuraW.exe」というファイル名で配布しているが、普通に「sakura.exe」にリネームすれば上書きだけで以前と同様に使用可能。

Link

配布元(本家)
no title
配布元(Unicode版)
サクラエディタUNICODE化プロジェクト
まとめサイト
SakuraEditorWiki

* はてなダイアリーキーワード:サクラエディタ