ミナミヌマエビ

ミナミヌマエビ

ミナミヌマエビ

概要

ヤマトヌマエビと並んでコケ対策に用いられるヌマエビ。体長は2-3cmと小さめ。

コケ取り能力はヤマトヌマエビに劣るが、安価で繁殖が容易なため数で補える。

もっとも、日本で売られている「ミナミヌマエビ」は実際にはシナヌマエビやそれとの交雑種であることが多い。

水質変化に弱く、丁寧な水合わせが必要。

価格

1匹50円前後。大量購入で激安な場合も多い。

また、「タエビ」「ブツエビ」という生き餌として釣具屋でも売られており、こちらは100匹以上を数百円で買えたりする。ただしスジエビなども多分に混入している。

適温

10-28℃が適温。

低温にはかなり強く、5℃以下でも生きる。

上限は30℃程度。

エサ

水槽内に生えるコケ。

生体の死骸もよく食べ、あっという間に死体処理してくれる。ただし、コケが十分にあり死骸を食べ慣れていないと、死骸には見向きもしなかったりする。

ザリガニのエサやコリドラス用タブレットもよく食べるが、あまりやりすぎるとコケを取らなくなるので注意。

自分の抜け殻も食べるが、死骸同様食べない場合もある。

繁殖

雌雄判別は多少の慣れが必要。

ヤマトヌマエビと異なり淡水のみで育つので、繁殖自体は非常に容易。ある程度の数がいれば暖かくなってきた頃に勝手にどんどん殖える。

寿命

1年程度。

飼育経験

1匹ずつのコケ取り能力はそれほど高くなく、どうも数を揃えないと役に立たないようだ。

無加温飼育のため繁殖はまだだが、あまり多く買わなかったので春になっても繁殖するかどうかは不明。


* はてなダイアリーキーワード:ミナミヌマエビ