lame

LAME

LAME

概要

MP3エンコーダー。音質がいいと評判。

長所

  • 高音質

短所

  • 単体ではコマンドラインからしか実行できない
  • よく分からない内は設定の良し悪しが判断できない

その他

  • コマンドライン用
  • レジストリ不使用
  • 海外製

使用

使用感

CDから無損失で落としてLAMEでエンコード、ということもやるが、一番よく使うのはロック音MTでのリアルタイムエンコード。最初はこのために導入した。

マウス操作で扱うためのフロントエンドソフトにLIFEというソフトもあるが、少し慣れればコマンドラインで使うか、簡易技としてショートカットファイルやバッチファイルを利用する方が楽になる。コマンドラインオプションはたくさんあるが、基本的にはビットレートだけ決めてやれば、あとは何も入力しない方が無難かつベターらしい。それと、バージョンは3.97が推奨だとか。

ショートカットファイルによる簡易GUI

  1. lame.exeを右ドラッグ→ここにショートカットを作成
  2. ショートカットファイルを右クリック→プロパティ
  3. 「リンク先」の部分でコマンドラインでの実行と同じようにオプションを付加→OK
  4. エンコードしたいファイルをショートカットファイルにD&D→上で設定したオプションによるエンコード開始
「リンク先」の書き換え方
"C:\Program Files\lame\lame.exe"

たとえば固定ビットレート192kbpsのMP3ファイルにエンコードしたいなら、この部分を次のように書き換える。

"C:\Program Files\lame\lame.exe" -b 192

複数ファイルは無理。

バッチファイルなら複数ファイルを一気にエンコードできるが、筆者がバッチファイルについてよく分かってないので、詳細は控える。

Link

配布元
LAME MP3 Encoder
LIFE
no title

* はてなダイアリーキーワード:LAME